BLOG
ブログ

スリランカフェスティバル 2011 番外編

 
2011-09-12 12:39 Good(3) Comments(0)
in Travel - 観光, Japan - 日本
スリランカフェスティバル 2011 最終日 - Sri Lanka Festival 2011 Final Day

10日と11日のブログで伝え切れなかったスリランカフェスティバル 2011(Sri Lanka Festival 2011)の様子をまとめて掲載した。

日本とスリランカの両国の文化交流としての役割も十分に果たしていたこのスリランカフェスティバル。開催の二日間、天気に恵まれた。ほぼずっと晴れ。

スリランカフェスティバル 2011 最終日 - Sri Lanka Festival 2011 Final Day

スリランカについて全く知らない僕は十分に楽しめた。スリランカが大好きな人もきっと楽しめたはず。

スリランカフェスが開催していた二日間、スリランカフェス初日スリランカフェス最終日の様子はそれぞれ既に掲載してあるが、ここでは、そこでは伝え切れなかったスリランカのいろいろな物やスリランカフェスでの小さな出来事をまとめた。


門があった
スリランカフェスティバル2011の門 - The gate of Sri Lanka Festival 2011

スリランカフェスティバル関係のブログなどを見ている時、この門の写真をよく見かけた。初日では見かけなかったので、最終日にはどこにあるのか探した。そしたらこんなところに!

ここは僕が会場に入ってくるのと反対に位置している場所。しかも露天がないから近寄りもしなかった場所だった。

更に反対側、会場の内側から見ると、白い紙が巻かれた石柱にしか見えない。これは気付かない。

写真の右奥に見えるのが歩道橋で、その向こうがスリランカのカレーなんかを売っている店が立ち並ぶ人気区画。僕みたいに代々木八幡駅か代々木公園駅から来場する人は、更にその向こう側から会場に入ることになる。

だから普通に動いている分にはこの門を通ることはない。記念にくぐっておいた。


プヨプヨスリランカ人

肌の色が褐色に近づけば近づくほど、ぜい肉が少なくしなやかな筋骨隆々な肉体を僕はイメージする。人種云々じゃなくて、『褐色=筋肉の塊』というイメージ。最近の印象でいえば、世界陸上のボルト選手を始めとした活躍していた黒人選手。ブラジルでも見かける黒人はそんな体つきだった。

でも、スリランカ人は、筋肉無い人が多い。ほっそりしてるか、一見がたいが良くても殆ど脂肪だったり、お腹ボヨーンだったり。

日本人と同じ感じ。褐色で上背もある若い男の子なんて一見すると『おっ、強そうなスリランカのにーちゃんがいるなぁ』と思うんだけど、よく見ると殆ど脂肪っていう事が多くて不思議な感じがした。


ビスケットかクッキーか
ジンジャークッキーとカラピンチャビスケット - Ginger cookie and Karapincha biscuit

とてもどうでもいい問題。

ビスケットもクッキーもお菓子ってことで、食っちゃえば同じ。

僕が見かけたジンジャークッキーとカラピンチャビスケットは、値札には日本語で『ジンジャー・ビスケット』、『カラピンチャ・クッキー』と書かれていたけど、お菓子のパッケージを見るとどちらにも『BISCUITS』と書かれている。イギリスの流れかな?

日本人に配慮して書くなら、原材料云々は置いておいて見た目的にはビスケットとクッキーを逆にした方が適切な気がした。クッキーっていったら手作り感あるお菓子なイメージだから、どちらかといえば丸みがかったジンジャーのほうがクッキーっぽい。


食っちゃえばどっちも同じ。どっちも美味しかったよ。


抽選くじの怪
抽選くじのチケット - The raffle Ticket

一口500円で買えるこの抽選くじ。1等から4等までがスリランカへの航空チケットとホテルのセットという豪華な抽選くじだったけど、ちょっと不思議な点があった。

航空券はどれも1人分。でも2等以外は全てホテルは2人ぶん。

良からぬ事を想像してしまう(笑)。

当選発表の司会を務めたウィッキーさんもこんな風に言っていた。


『行くときは一人で、着いたら二人で泊まる。どういうことか私には分かりまっせーん。私には聞かないでくだっさーい。』

会場は笑いに。

『ひと夏の思い出を作りにおいでよ!』っていうスリランカ航空とレジェンドトラベルの粋な計らいなのか・・・な?

そういう趣旨の抽選くじ?


スリランカ人はフェードアウトがお好き?
スリランカフェスティバル 2011 最終日 - Sri Lanka Festival 2011 Final Day

一つの演目が終わる時は、こうやってポーズを決める。これは日本でもブラジルでもライブでも演劇で同じ。

この後がちょっと独特。

終わったということでお客さんは拍手する。するとまた音楽が鳴りだして踊りを始めたりタイコを叩き始めたりと、今やっていた演目をまた始める。

スリランカフェスティバル 2011 最終日 - Sri Lanka Festival 2011 Final Day

『お?アンコールか?』と思いきや、そのままステージ袖にはけて行く。音楽もフェードアウト。

これで終了。

僕が見た演目の全てがこういう流れだったから、これがスリランカでは一般的なステージングなのかもしれない。

僕の感覚でいえば、お客さんの拍手に送られながらはけるんだけど、スリランカは違うようだ。

今回のスリランカフェスのステージでは演目自体以外でも、民族の考え方や物事の捉え方の違いが表れている部分が見えてとても面白かった。

それにしても、この男性、ちょっと昔の大泉洋さんに似ている(笑)。


そこでなぜクチパク?!

続いて同じく上の男性の話題。

ここまで人を要して生のスリランカ文化を楽しめるようにショーを組み立てているのに、

なぜクチパク?!

彼は歌手じゃないのかな?単なる踊り手なのかな?ここでクチパクするのは勿体無い気がしたよ。


スリランカのイケメンシェフ
ラビカレー - Ravi Curry

カレーを作ってるラビさんという方。僕は全く面識なく、スリランカフェスティバルの会場で見かけただけ。

彼はスリランカのイケメンシェフ。ということらしいよ。

僕は人の容姿に関するスリランカの価値観を全く持ってないから分からないんだけど、きっとモテモテなんだろうなぁ・・・。

写真の右側の白衣を着てこちらに背を向けているのがご本人。

ん?顔を見たい?ジィィィっと見つめていれば、そのうち顔が見えてくると思うよ。

ちなみに、ここは彼の露天の前。



ナンを焼いている
スリランカのナンを焼く - Baking the Sri Lankan Nan

スリランカフェスの最終日に昼食を買ったお店で、スリランカのナンを焼いているところを見ることができた。

薄く二等辺三角形っぽく伸ばした生地を専用の道具に乗せて、釜の内側に貼り付ける。


スリランカのナンを焼く - Baking the Sri Lankan Nan

手熱そう。

炎天下での調理は大変。

それにしても、生地を伸ばす手つきが見事。空中で形を整えながら手早く伸ばしていた。



ライオンビールのスタウトの沈殿物
ライオンビール、スタウト - Lion Beer Stout

ちょっとアルコール度数が高くて味がしっかりした黒ビールのライオンスタウト。

これ、飲み干すと、コップの底に沈殿物があった。

なんだこれは?

ビールと同じ色をしているから、ビールの成分が固まった物のような感じはする。沈殿物だから飲み干す直前にしか気付けない。

深く考えるのはよそうと思った。



スリランカのファッション
スリランカのファッション - The Sri Lanka Fashion

スリランカの体験が無いので分からないけど、とてもまぶしい。

スリランカの伝統的な衣装なのかな?それとも今も普通に見られるファッション?王族の衣装とか?正装とか?

遠めから見たときは伝統的な正装とかかなぁと思ったんだけど、近寄って良く見ると男性の左腕に腕時計がしてあったから、場所や人を限定したところで今も普通に見られる衣装なのかな?

普通の若者たちは、この会場を見る限りではシャツにジーンズというスタイルで、日本人と変わらない。

手を合わせている姿を見ると、『ナマステ~』って声が頭の中を駆け抜けるんだけど、たぶん違うだろう。



スリランカの演目

スリランカフェスティバル2011の最終日の様子で紹介しきれなかった演目。コッテ舞踊団、バーティヤサントゥッシュグループ、チャンナウプリ、の皆さんが順繰りに披露していた。

下の写真は、お客さんとして会場に居た女の子に円盤回しを体験させていた時のもの。

スリランカフェスティバル 2011 最終日 - Sri Lanka Festival 2011 Final Day


おじさん本人はこんなに回せる。

スリランカフェスティバル 2011 最終日 - Sri Lanka Festival 2011 Final Day


スリランカフェスティバル 2011 最終日 - Sri Lanka Festival 2011 Final Day

タイコの音に合わせて派手なお面と衣装で激しく動き回る。勇ましい演目だった。



紫の衣装が印象的だった華麗なスリランカ舞踊。

肩の動きが独特で、そのちょっとした動きでいろいろな感情を表現していた。

スリランカフェスティバル 2011 最終日 - Sri Lanka Festival 2011 Final Day


激しく動くものもあれば、演劇さながらのシーンもある。

スリランカフェスティバル 2011 最終日 - Sri Lanka Festival 2011 Final Day


スリランカな品々

スリランカの代表的物産の一つ、紅茶。そのスリランカ紅茶の紅茶葉。セイロン紅茶。

スリランカ紅茶 - The Sri Lankan Teas


もう一つのスリランカの顔、香辛料。このスリランカフェスティバルの会場中には、香辛料の臭いが立ち込めていた。

スリランカ香辛料 - The Sri Lankan Spices

香辛料を見ていると、なんだかカレーを食べたくなってくる。

スリランカ香辛料 - The Sri Lankan Spices

それにしても、本当にいろんなスパイスがあった。



僕はスリランカに関しての体験を全く持っていない。この代々木公園で催されたスリランカフェスティバル2011が、僕にとっての初めてのスリランカ。

僕みたいに全く知らない人にとっては、少し臭いを嗅げるいい機会だった。

また機会があれば行ってみたい。・・・抽選くじだけ買いに行くのも悪くないと思った(笑)。


既に読んでくれている人も多いと思うが、スリランカフェスティバル2011 10日の様子と、最終日であるスリランカフェスティバル 2011 11日の様子を沢山の写真入りでこのブログに掲載している。まだの人はチェック!



セイロン紅茶 ティープラッカー250g (スリランカ紅茶局公認マーク付)ディンブラ産オレンジペコー
Amazonで見てみる
スリランカ ライオンラガービール6本セット
Amazonで見てみる
[ミックススパイス] オリジナルカレーミックス No.001 お得な5個セット(1セット6-8皿分×5個)【中辛】/スパイス・ハーブ・香辛料・調味料
Amazonで見てみる


この記事を気に入ったら下の【Good】ボタンを押そう。
3
このエントリーをはてなブックマークに追加
Sponsored Links

Leave a Comment - コメントを書く

Name(required) - Nome(obrigatório) - お名前(必須)
Email(required, will not be published) - Email(obrigatório, não será publicado) - メールアドレス(必須、非公開)
URL - ウェブサイトURL
Comment - Comentário - コメント

Type the code from the image. - Digite o código exatamente como na imagem abaixo. - 下の画像の英数字を入力してから【確認】ボタンを押して下さい。

オリジナル曲弾き語り



Sponsored Links
Recent Comments
最新のコメント
  • そる: 初めまして。随分前の記事にいきなりのコメント投入、失礼します...


  • Laura Mendel: Dear Sir,Your crow pictures ar...


  • masahiro: この記事わかりやすくてとても参考になりました。一週間ほど前か...


  • Kaaatsu: はじめまして。ペンタQから60D入手の流れが自分と一緒で、嬉...


  • SeikoSaizan: はじめまして。お世話になります。スナップ撮りを中心にPENT...


  • bamboo: 写真入り助かります!!


  • 田中敏充: 初めまして。私もQを使っていまして、画質などに関する感想は主...


  • cyclops: ほかの関連する記事も見ましたが、とても参考になりました。


  • 白井賢人: はじめまして。凄く楽しい写真ありがとうございます。2012年...


  • 白井賢人: ムケカは二回、渋谷で食べたことがあります。トゥッカーノという...


Sponsored Links