BLOG
ブログ

久しぶりに O pato を弾いている

 
2012-07-31 21:39 Good(0) Comments(0)
in Music - 音楽
ヴィオロン - Violão, Classical Guitar
ヴィオロン - Violão, Classical Guitar

『O pato』(オ・パト)という曲は、ネウザ・テイシェイラ(Neuza Teixeira)とジャイミ・シルヴァ(Jaime Silva)作のボサノヴァのスタンダード。邦題では『ガチョウのサンバ』ともいう。

何年か前までヴィオロン1本でよく弾いてたんだけど、自然と弾かなくなって・・・・そのうち弾けなくなって・・・・でもこの曲好きだからまた弾き始めた。

追記:また忘れてもいいようにレコーディングした新曲『O pato』をリリース!!

昔のアレンジは捨てちゃって、新しくアレンジしている。忘れたのが幸いして、新鮮な感じでとても楽しい。

この O pato という曲は、テーマの部分は定番のコード進行で出来ている。

Ⅰ→Ⅱ7→Ⅱm7→Ⅴ7→Ⅰ

というやつ。多少小節の長さの違いはあれど、テーマ部でこのコード進行を使っている曲は、同じブラジル音楽でいうと『イパネマの娘』、ジャズでいうと『A列車で行こう』がある。僕の曲『ミニャ・ピポキーニャ』もそう。

このコード進行は、そんなに懲っているわけでもなく、かといって幼稚でもなく、ほどよい快活さと小じゃれた感じがあって、それが演奏する方も聴く方も気楽に楽しめるから、定番になっているのかもしれない。

イパネマの娘(Garota de Ipanema)もA列車で行こう(Take the "A" train)コードの移り変わりとメロディーが素直にくっついていて初めて演奏する場合でも弾きやすいんだけど、オ・パトは凝ったズレが所々出てきて、最初はとてもつかみにくい。

入りの『オッ・パッ・トッ』っていうところから、メロディの塊がゴソッと後ろに移動して遅れているかのようなアレンジになっている。

それが全体を通して聴くとスピード感に繋がっているし、演奏する際にコードのバッキングと歌とが上手く絡むと、なんともいえない浮遊感とスピード感が出て本当に気持ちよく曲が進む。こういうところはジョアン・ジルベルトの演奏は凄い。

だけど、この曲をアレンジする場合、そういうズレをアレンジの軸にもってこようとするとあんまり良い方向に転ばない。

例えばジャズアレンジンで、メロディーをリズミックなワンノートやシーケンスでミニマルミュージックばりにずらしていくアレンジ演奏もあるけど、単純に難しい印象だけが残ってしまう。それはそれで立派な一つのアレンジだけど、原曲にある浮遊感やスピード感を楽しむことは出来ない。

むしろそのあたりは原曲の音形を残しつつ、その特徴を楽しむ方向のアレンジが好きだからそうしたい。

しかしこういうメロディの動きが激しい曲をヴィオロン1本で弾こうとすると本当に複雑なパズルのようで、最初に全体像をガッチリ決めて、その上で何かを取ったら何かを捨てるということをシビアにやらないと歯抜けなアレンジになってしまう。

今あらためてこのオ・パトに向き合ってみて、もの凄い面白い曲だなーーーーと実感しつつアレンジをしている。

オ・パトのヤスアレンジの完成が楽しみ!!



ボサ・ノヴァ・ギターのしらべ ギター1本でクールに決める!ボサ・ノヴァ・アレンジ25曲 (CD付き) (Acoustic guitar magazine)
Amazonで見てみる
CDB127 すぐに歌えるボサノヴァ1 CD付
Amazonで見てみる


この記事を気に入ったら下の【Good】ボタンを押そう。
0
このエントリーをはてなブックマークに追加
Sponsored Links

Leave a Comment - コメントを書く

Name(required) - Nome(obrigatório) - お名前(必須)
Email(required, will not be published) - Email(obrigatório, não será publicado) - メールアドレス(必須、非公開)
URL - ウェブサイトURL
Comment - Comentário - コメント

Type the code from the image. - Digite o código exatamente como na imagem abaixo. - 下の画像の英数字を入力してから【確認】ボタンを押して下さい。

オリジナル曲弾き語り



Sponsored Links
Recent Comments
最新のコメント
  • そる: 初めまして。随分前の記事にいきなりのコメント投入、失礼します...


  • Laura Mendel: Dear Sir,Your crow pictures ar...


  • masahiro: この記事わかりやすくてとても参考になりました。一週間ほど前か...


  • Kaaatsu: はじめまして。ペンタQから60D入手の流れが自分と一緒で、嬉...


  • SeikoSaizan: はじめまして。お世話になります。スナップ撮りを中心にPENT...


  • bamboo: 写真入り助かります!!


  • 田中敏充: 初めまして。私もQを使っていまして、画質などに関する感想は主...


  • cyclops: ほかの関連する記事も見ましたが、とても参考になりました。


  • 白井賢人: はじめまして。凄く楽しい写真ありがとうございます。2012年...


  • 白井賢人: ムケカは二回、渋谷で食べたことがあります。トゥッカーノという...


Sponsored Links