BLOG
ブログ

ブラジルと日本の賃貸住宅事情

 
2012-04-04 12:23 Good(3) Comments(0)
in Free Talk - フリートーク, Brazil - ブラジル
バイーアのヤス宅 - The Yasu’s home in Salvador, Bahia, Brazil
バイーアのヤス宅 - The Yasu’s home in Salvador, Bahia, Brazil

日本とブラジルと両方で家を借りて生活して、賃貸住宅事情の違いを目の当たりにしてとても驚いた。

僕は今まで日本ではマンションと一軒家を借りて住んだことがある。小規模のアパートは借りたことがないけど、友人の家に泊りがけで遊びにいく機会で少しは事情を知っている。

その中で持ったマイナスな印象は、狭い、小さい、低い、ゴチャゴチャしてるといったところ。

狭い、小さい、低いなんていう部分は、日本人が昔から持っている住居に対する感覚と人口過多な都会の事情からくる仕方ない部分。日本で家を借りるなら狭くて当たり前!ということだ。だからこれは特に抵抗なくそういうものなんだと受け入れられる。

ただ、ちょっと受け入れがたいのが『ゴチャゴチャしてる』点。

具体的に何を指しているかというと・・・・

これ

日本の賃貸住宅の不要な内装 - The disused interior of a Japanese style apartment
日本の賃貸住宅の不要な内装 - The disused interior of a Japanese style apartment

これ

日本の賃貸住宅の不要な内装 - The disused interior of a Japanese style apartment
日本の賃貸住宅の不要な内装 - The disused interior of a Japanese style apartment

これ

日本の賃貸住宅の不要な内装 - The disused interior of a Japanese style apartment
日本の賃貸住宅の不要な内装 - The disused interior of a Japanese style apartment

これ

日本の賃貸住宅の不要な内装 - The disused interior of a Japanese style apartment
日本の賃貸住宅の不要な内装 - The disused interior of a Japanese style apartment

他もろもろ。

この『飾り』が要らない!

これらは建築上絶対に必要!というものじゃない。単なる飾り。だけど、僕の感覚からすると、『飾り』にしてはナンセンス!お寺やお神輿に見られる彫り物みたいに『手の込んだ装飾』でもないし、キラリと光る『ワンポイントのオシャレ』にすらなっていない。

なんかゴチャゴチャ付いてんなー・・・・

ぐらいに感じるもの。

こういう無駄を省くと家は安く作れる。そういう建築を実践している日本企業もある。

だいたい出っ張ってるから圧迫感があるし、ピタっと壁にくっつけて物を置けなかったり、足をぶつけたり、躓いたり、掃除がしにくかったりと、良い事が一つもない。

けど多くの賃貸住宅がこういう作りだから、嫌々受け入れる。これを嫌うとなると、住める場所の選択幅がグンと小さくなってしまうから仕方ない。

さて、実はここからが本題。

僕が一番不自由に感じている点は、

過度に綺麗に使わなければいけない

ところ。

『音を出しにくい』というのもあるんだけど、これは物件や場所によって大きく違うところなのでここでは省く。

『過度に綺麗に使わなければいけない』ということで、ガビョウ一つ刺すことすらオッカナビックリで、『え?いいんだよね?刺しても?ガビョウ程度なら…』というすっきりしない疑問と不安がよぎる。

この借りている部屋を綺麗に使うという感覚は、いつからか自然に持っていたもの。僕はつい最近までずっと、『礼節』といった持ち主の大家に対する気持ちや、物を大切にする『感謝』といった家そのものや関わった全ての人たちに対する気持ち的なことからだと思っていた。

違った

法律で『原状回復』っていうのがあって、それに基づいてるだけだったんだ。東洋の素敵な精神性でもなんでもなかった!

そんなわけで、原状回復が鉄則っていう契約になってるから綺麗に使わなければいけないというのを最近知った。

これ、窮屈。

自分が生活する空間は、多少でも自分なりのアレンジを施したくなる。だからそういう欲求が強い人は、最近ではリノベーション賃貸住宅なんていう物件を探しているようだ。

これは改装OKな住居のことで、ガビョウ刺そうがクギ打とうが色塗ろうが好きにできる。最近普及してきているらしい。これはとても良いよ。どんどん広まって欲しい。

リノベーション賃貸住宅はいいとして、

金のこと

普通の賃貸住宅は、生活の中で出来てしまう傷や痛み以外の破損は、退去時に金を請求されるから気分悪い。

しかも日本の賃貸住宅事情で変な国!!!!って思うのが、敷金、礼金、更新料、更新手数料だ。

敷・礼は今ではゼロっていうところも珍しくなくなってきてるけど、更新料って名目で家賃の1、2ヵ月分を請求するっていうのが、なんという商売センス!!

家賃以外にこんなにいろんな名目でお金を払わなくちゃいけないっていうのは不自然だよ。でも、日本の感覚じゃこれが常識。

たしか裁判でも更新料は妥当っていう判決が出ていたと思う。どう抗ってもダメじゃん。

更にぶっとんでるのが

更新手数料

これは不動産屋が契約更新の手続きをするのに掛かる費用ということで、客に請求する料金。

うちのマンションだと一万円取られる。

更新の手続きなんて、借りる側と貸す側がお互いやらなきゃいけない交渉事なのに、なぜそこで借りる側が金を払わなきゃいけないのか?

管理会社なんて代理人を立ててるのは大家の都合だし、本来なら管理会社が管理代行の条件として大家に対して請求するのが自然。『あんたの手間を代行してやるから、これぐらいよこせよ』ってな具合。だからへんなのーって感じがする。

日本で普通に住むっていうだけで、こんだけゴチャゴチャとお金が掛かる。

これ不自然すぎるよ。

じゃーブラジルはどうなの?ってことで、

ブラジルの賃貸住宅事情

バイーアのヤス宅 - The Yasu’s home in Salvador, Bahia, Brazil
バイーアのヤス宅 - The Yasu’s home in Salvador, Bahia, Brazil

ブラジルの賃貸住宅事情はとてもシンプルで分かりやすい。

家賃を払えばそれでOK!!

家賃だけで大家や不動産屋はやっていけるのかと疑問に感じるかもしれないけど、掛かる費用を全部ひっくるめて家賃というわけ。

だから、借りた部屋の壁にクギ打ちまくって、壁がボロボロ剥がれ落ちても何も言われない。それでOK。退去後に改修業者を呼んで綺麗にする費用も、家賃の中に含まれているから。

だから、冒頭の写真のように、玄関先に手作りランプを設置したり、手作りノレンを付けたりと、自分好みに部屋をアレンジできる。

ただし、玄関のドアを破壊するとか(笑)、部屋の基本形を崩壊させることをすると大家も怒るよ。それでも僕が知る限りでは、別途費用を請求されることはないけど。(それは請求していいよ!って思ったけど(笑))

また、過度に汚くなるのを防ぐために、不動産屋が清掃員を雇って、周一で部屋の掃除をやらせるスタイルもある。部屋、風呂、トイレの掃除とシーツ交換など。ホテルみたい。

これら全て、貸す側が負担すべき当然の出費という感覚。

自分の商売道具を少しでも長持ちさせて稼ぎたいっていう当たり前の感覚。

日本の家賃もそもそもそういう風に設定されてるんだけど、敷金が返還されないトラブルや更新料のトラブル、更新手数料ってなんだそりゃ!!が後を絶たない。

契約しちゃったものはしょーがないから、そこについてどうこう不満はない。僕が変に思うのは、そういうことを契約に盛り込んでくる感覚のこと。嫌なら契約しなければいいだけのことなんだけど、そうすると借りられる家が無くなるのが日本の賃貸住宅事情。そしてリアルタイムで交渉できる国民性ではないから、NGを突きつけると厄介な客扱いになって終了になる。

これって、今の東京電力がやってる『電気料金上げるよー。嫌なら他社と契約しなよー』→『現状、大量の電気を供給できる競合他社が無い。電気料金上げられても再契約せざるをえない』っていうのと全く同じ。

・・・・・・・・短めのかるーい記事を書くつもりだったけど、重くなりそうだからそろそろやめる(笑)。

ブラジルのマンションやアパートの賃貸契約っていうのは凄くシンプルで分かりやすく、あれやこれやといろんな名目を作って筋違いな請求をしてくるということがないから、自分が結んだ契約内容にすっきり納得がいくし、納得いくまでその場で交渉できる。その上で交渉決裂したなら、それはそれですっきりできる。これがブラジルと日本の賃貸住宅事情の大きな違い。


ちなみに、ブラジル全土でこういうケースとは言えない。僕はあんな広大な土地の至る所で暮らしたわけじゃないから(笑)。リオデジャネイロバイーアに住んだ体験からの話。

この記事を気に入ったら下の【Good】ボタンを押そう。
3
このエントリーをはてなブックマークに追加
Sponsored Links

Leave a Comment - コメントを書く

Name(required) - Nome(obrigatório) - お名前(必須)
Email(required, will not be published) - Email(obrigatório, não será publicado) - メールアドレス(必須、非公開)
URL - ウェブサイトURL
Comment - Comentário - コメント

Type the code from the image. - Digite o código exatamente como na imagem abaixo. - 下の画像の英数字を入力してから【確認】ボタンを押して下さい。

オリジナル曲弾き語り



Sponsored Links
Recent Comments
最新のコメント
  • そる: 初めまして。随分前の記事にいきなりのコメント投入、失礼します...


  • Laura Mendel: Dear Sir,Your crow pictures ar...


  • masahiro: この記事わかりやすくてとても参考になりました。一週間ほど前か...


  • Kaaatsu: はじめまして。ペンタQから60D入手の流れが自分と一緒で、嬉...


  • SeikoSaizan: はじめまして。お世話になります。スナップ撮りを中心にPENT...


  • bamboo: 写真入り助かります!!


  • 田中敏充: 初めまして。私もQを使っていまして、画質などに関する感想は主...


  • cyclops: ほかの関連する記事も見ましたが、とても参考になりました。


  • 白井賢人: はじめまして。凄く楽しい写真ありがとうございます。2012年...


  • 白井賢人: ムケカは二回、渋谷で食べたことがあります。トゥッカーノという...


Sponsored Links