BLOG
ブログ

赤ちゃんコアラのパピー

 
2012-03-15 22:35 Good(1) Comments(0)
in Animals - 動物, Travel - 観光
赤ちゃんコアラのパピー - Papie, Koala Baby
赤ちゃんコアラのパピー - Papie, Koala Baby

久しぶりに多摩動物公園に行ってきた。目当てはコアラの赤ちゃんのパピー。もう、毛もフサフサして活発な様子が見られるんじゃないかと思って行ってきた。

天気が良くて気持ちがいい。浮かれてうっかり、前回のようにデジカメのバッテリーとメモリーカードを入れ忘れるなんてことがないように気をつけた。

今日はしっかりと赤ちゃんコアラを見ることができた。

砧公園のノスリ

 
2012-02-17 18:20 Good(1) Comments(0)
in Animals - 動物
ノスリ - Common Buzzard
ノスリ - Common Buzzard in Tokyo, Japan

砧公園内にあるバードサンクチュアリで、ノスリを見た。

鳥の観察用の台があるこのバードサンクチュアリというスペースは、人が近寄れないようになっている池があり、そこにやってくる野鳥を観察できるようになっている。ここはいつもバズーカ砲みたいな太いレンズを付けたカメラを持っているご年配の方々の社交場になっているようで、独占されてしまっているんだけど、今日は珍しく誰も居なかったから、僕も覗き穴から覗いてみた。そしたらなんと、目の前にある池越しに生えている木の枝、ちょうどこちら側の枝に茶色いデッカイ鳥が止まっているのが見えた。

ノスリ!

初めて見たよ、自然のキツツキ

 
2012-02-17 17:13 Good(0) Comments(0)
in Animals - 動物
アオゲラ - Japanese Green Woodpecker
アオゲラ - Japanese Green Woodpecker in Tokyo, Japan

キツツキという鳥はとても有名だけど、僕は今まで一度も生で見た事が無かった。それが何という偶然か、散歩してたらすぐ横からコンコンコンコンコンと聞こえてくる。まさか?!と思って見てみると、

キツツキ!!!!

コンコンコンコンコンと5回ほど連続で木をつついて3、4秒休み、またつつく。これの繰り返し。どうやら木の中に居る虫を探している様子。音の違いで虫の居場所が分かるのだろう。

東京にもいることに驚いた。キツツキなんて、どこか山奥にいる鳥だろうと思っていたから。

多摩動物公園のコアラの赤ちゃん『パピー』

 
2012-02-10 15:51 Good(1) Comments(0)
in Animals - 動物, Travel - 観光
コアラ - Koala
多摩動物公園のコアラ『ミライ』 - Mirai, Koala at Tama Zoological Park in Tokyo, Japan

多摩動物公園のコアラの赤ちゃんの名前が決まった。

パピー

いい。僕はメリーって書いて応募したけど、パピーの方がパンチが効いてる感じがしていい。

で、もうそろそろお母さんコアラのミライの袋から出ている時間も長くなっているだろうとふんで、赤ちゃんを見に行ってきた。

ちょっと寝坊してしまって、コアラの朝食の時に間に合わなかったから、コアラ舎に到着したら、案の定みんなまるまって寝ていたから赤ちゃんが居るかどうかも分からなかった。食後の睡眠だ。

多摩動物公園のコアラの赤ちゃん

 
2012-01-15 17:13 Good(0) Comments(0)
in Animals - 動物, Travel - 観光
コアラ - Koala

多摩動物公園にいるコアラのうちの一頭がお腹の袋の中に赤ちゃんを育てていた。つい先日、その赤ちゃんが初めて袋から外に出てきたということだったので、見に行ってきた。

コアラ舎は動物公園の奥のほうに位置しているので、ちょろちょろと他の動物を見ながら移動した。到着してコアラを見るも、とてもタイミングが悪かったらしく、全コアラが爆睡中。子育てをしているミライという名前のメスのコアラも、しっかりと丸まって動かない。きっと丸まった中に子供がいるんだろうなぁと思いつつ、このままねばっていても進展が無さそうなので、一旦出て他を回ることにした。

何時間か後、もう一度コアラ舎に行った。

多摩動物公園のハチドリの観察ポイント

 
2012-01-05 12:33 Good(8) Comments(0)
in Animals - 動物, Travel - 観光
多摩動物公園の昆虫園 - The insectarium in Tama zoological park

多摩動物公園の昆虫園にはチャムネエメラルドハチドリというハチドリがいる。僕はハチドリが好きだから探して見てるんだけど、園内で周りのお客さんたちを見ていると、ハチドリが居ることに気付かずに昆虫園を出て行ってしまう人がいる。園内いっぱいに飛び回る沢山の蝶々を見て満足してそのまま出て行くという感じ。

ここの蝶々の見せ方は凄い。昆虫園に入って沢山の蝶々が飛び回る様子を見たら感動するし、それで十分満足もする。だからその他の生き物には気付かなくて、花に止まっている蝶々を見ていたら、近くに居たバッタに気付くか、バッタ区画でバッタに気付くという程度。

園内の所々にある動物の説明などの立て看板等をよく見ている人は、ナナフシやハチドリも居ることを知って注意するけど、大して見ない人もいるし、家族連れだと子供の世話で忙しくて読んでいられない人もいて、気付かずに出て行ってしまったり、気付いても探している時間がなくて出て行ってしまう感じ。

ハチドリはたぶん4羽ぐらい居て、それぞれ縄張りを持っていて、そこを中心に休んでいたり食事をしていることが多いので、ポイントを知っていると簡単に見つけられる。

そのハチドリを観察できるポイントを書くので、自力で探すのが好きだったり、その他諸理由で知りたくないという人は、これ以降読んではいけないよ。

上野動物園のハシビロコウ

 
2011-11-18 10:23 Good(5) Comments(0)
in Animals - 動物, Pictures - 写真、絵
ハシビロコウ - Shoebill
ハシビロコウ - Shoebill

とても大きな鳥、ハシビロコウ。どう見てもバランスが悪そうな巨大な口ばしを持った頭部の形が独特で、自分の口ばしと同程度の大きな魚を丸呑みにする。

頭の形が独特だから、ブラジルでは Bico de Sapato 又は Cegonha Bico de Sapato と呼ばれている。直訳すると『靴の先』、『靴の先のようなコウノトリ』。

狩りの方法は単純で、湿地帯の浅い水辺にて一箇所にジっと立ち止まり、自分が捕食可能な範囲に獲物が近寄ってきたところを一気に突進して捕らえる。鋭い眼差しで水中を見張り長い時間静止している洗練された姿と、突進する不器用なパワープレイのギャップに、たまらなく愛嬌を覚える。

そんなハシビロコウは、日本では東京にある上野動物園で見ることができる。何度か上野動物園に行って、僕が撮り溜めたハシビロコウの写真をここにまとめた。少しでもハシビロコウの魅力が伝わると嬉しい。

多摩動物公園のハチドリ

 
2011-11-18 06:31 Good(2) Comments(0)
in Animals - 動物, Pictures - 写真、絵
ハチドリ - Hummingbird
チャムネエメラルドハチドリ - Amazilia hummingbird

ブラジルに居たとき以来、ハチドリを見るのは久しぶりで、もともと可愛い、綺麗、かっこいい、神秘的だけど身近、などのイメージを持っていて興味があり好きだったから、多摩動物園の昆虫園ではじっくりと見入っている。

そんなハチドリ(ブラジルではベジャフロー(Beija-Flor)という)をじっと見ているうちに、見たことがない行動を見ることができた。

Beija Flor

 
2011-11-15 08:57 Good(5) Comments(0)
in Animals - 動物, Brazil - ブラジル
ハチドリ - Hummingbird

ブラジルのバイーアで暮らしていたころ、よく見かけていた鳥がいる。それはベジャフローという名前の鳥。日本ではハチドリという呼び名で知られている。

ブラジルポルトガル語では Beija Flor と表記する。意味は『花にキス』。ベジャフローが食事をする光景から、こう名づけられたのだと思う。お洒落で可愛い名前。

とても小さい体で高速で飛び回り、花の蜜をなめる時は、超高速で羽ばたいて空中で静止しているかのような状態になる。まるで花に口づけしているかのよう格好になる。

昔はどこか遠い土地にいる神秘的な鳥だという漠然とした印象を持っていたんだけど、それがバイーアだと普通に飛んでいるし、手の届く範囲に小さな巣もあるから何だか笑える。

籠の中の鳥

 
2011-07-03 00:00 Good(3) Comments(0)
in Animals - 動物, Brazil - ブラジル

リオに住んでいたときは、オカメインコを飼っていた。

近所のペットショップで買ったこのオカメインコはメス。名前はピポカ。ピポカ(Pipoca)とはブラジルポルトガル語でポップコーンのことなんだけど、元気な女の子を例えるときにも使う言葉。日本語のおてんば娘やじゃじゃ馬娘が近いイメージ。僕が必ず演奏するMinha Pipoquinha(ミニャ・ピポキーニャ)という曲にもなっている鳥だ。

オカメインコのピポカ - Pipoca de calopsita

最初はとにかくなつかない。籠から出したら戻ってこない。近寄ってきても頭の上に乗るしまつ。自分の方が優位であるポーズ。


オリジナル曲弾き語り



Sponsored Links
Recent Comments
最新のコメント
  • そる: 初めまして。随分前の記事にいきなりのコメント投入、失礼します...


  • Laura Mendel: Dear Sir,Your crow pictures ar...


  • masahiro: この記事わかりやすくてとても参考になりました。一週間ほど前か...


  • Kaaatsu: はじめまして。ペンタQから60D入手の流れが自分と一緒で、嬉...


  • SeikoSaizan: はじめまして。お世話になります。スナップ撮りを中心にPENT...


  • bamboo: 写真入り助かります!!


  • 田中敏充: 初めまして。私もQを使っていまして、画質などに関する感想は主...


  • cyclops: ほかの関連する記事も見ましたが、とても参考になりました。


  • 白井賢人: はじめまして。凄く楽しい写真ありがとうございます。2012年...


  • 白井賢人: ムケカは二回、渋谷で食べたことがあります。トゥッカーノという...


Sponsored Links